会社概要

会社概要

企業理念

 2016年に 創業50周年を迎えた当社は、時代と共に成長と変化をしてきました。

 時代の変化のなかで、変わらない思いを引き継ぎ、私の経営理念としています。

  • 社員全員が生き生きと働ける会社、社員一人ひとりが成長できる会社であること
  • 社員が成長することで会社が成長し、会社が成長することでお客様と共に成長する
  • 人と人との繋がりを大切にし、感謝の気持ちを忘れない

 仕事は楽しい事ばかりではありませんが、働く環境で気持ちは変わりますし、社員が楽しくなければ良い仕事もできません。

 よってそこに成長は生まれないと思います。

 社員が成長することで会社全体が成長し、会社の成長がお客様と共に新たな成長へと繋がる。

 そういった会社であり続けたいと思っています。

 そして、会社が成長することで社員へ還元ができ、お客様へ還元ができ、社会へと還元ができる。

 そういった人と人との繋がりを大切にし、社員とお客様、社会に必要とされる企業で在り続けたいと考えいてます。

 今まで当社を支えて下さった社員、お客様に感謝します。

 そしてこれからも当社を支えてくれる社員とお客様の為に、

 時代の先を行き、技能向上に努め、常にチャレンジ精神を忘れない若い会社を目指していきます。

 
株式会社一志精工電機
代表取締役 北角 真一

 

経営方針

「品質は会社を育てる」をスローガンに お客様に満足していただける品質を保証し、
  多品種少量生産と、金属金型作成・部品加工・組立て・包装まで一貫生産管理体制を目指しております。

 

会社案内

会社名 株式会社 一志精工電機
代表取締役 北角 真一
所在地・連絡先

・本社
 〒514-1113
 三重県津市久居野村町811番地

  TEL 059-255-2456(代表)
       059-255-2863(金型)
  FAX 059-256-1748(代表)
       059-255-2879(金型)


・第2工場
 〒514-1112
 三重県津市久居小野辺町939番地

資本金 1000万円
年商 約6.8億円 (2014年度)
社員数 約40名
主要取引銀行 ・津信用金庫 久居支店
・りそな銀行 津市店
・百五銀行 久居支店
・UFJ銀行 津市店
事業内容 ・配線部品、精密部品の順送及び単発プレス加工
・各種タップ加工
・配線部品、精密部品の金型設計、製作、販売
・自動車部品、バイク部品の金型設計、製作、販売
・各種試作品
・自動設備、冶工具の設計、製作、販売
・配線部品の組立て、包装、検査
主要取引先
(敬称略50音順)
・株式会社遠藤製作所 (三重県津市)
・三共鋼業株式会社 (愛知県名古屋市)
・三菱電機株式会社 姫路製作所 (兵庫県姫路市)
・パナソニックグループ (三重県津市)
・株式会社森田製作所 (三重県津市)
沿革

1966年11月 三重県久居市野村町に(合名会社)一志電機製作所として創業
         配線部品のプレス加工を開始

1969年 7月 資本金300万円、代表取締役北角八郎により、
         有限会社 一志プレス工業所として会社設立

1973年 4月 一志郡白山町に防犯、情報器具の組立工場開設

1980年10月 社団法人 三重県プレス工業会に入会

1984年 5月 本社 プレス及び金型工場を新設

1985年 4月 三重県金属プレス工業会 役員就任

1986年 9月 社名を有限会社一志精工電機に改名

1987年10月 北角秀明が代表取締役に就任

1988年 6月 NC工作機の導入により金型製造開始

1992年 7月 CAD/CAMシステム導入

1997年12月 白山工場を本社集約により閉鎖

1998年 6月 金型・包装・事務所・倉庫・食堂の建築

2003年 7月 立型マシニングセンタ MAKINO製 V56の導入。
         金型の一貫生産開始

2005年12月 3次元CAD/CAMシステム導入

2008年10月 生産管理システムの導入

2009年12月 みえ・環境マネジメントシステム・スタンダード(M-EMS)認証取得

2012年 3月 三重県下初アマダマシンツール製グラフィカルプロファイル研削盤DV-1の導入

2014年12月 第2工場を設立、金型・プレスの精密かつ大型化を推進

2015年 7月 北角真一が代表取締役に就任
        アマダマシンツール製サーボプレスSDEW3025を第2工場へ新設

2016年 9月 法人格を有限から株式に変更。資本金を1000万円に増資

 

 

ページ上部へ